【再入荷!】 [2014]750ml アルド・コンテルノ バローロ・ブッシア-赤ワイン


■テクニカル情報■
産地:ピエモンテ州バローロ東南部ブッシア地区 (DOCGバローロ) 品種:ネッビオーロ100% 土壌:粘土質 樹齢:15-20年 収穫:10月中旬 醸造:ステンレスタンクで20-30日間マセラシオン&アルコール発酵。発酵中の温度は最高でも32℃。4~5ヶ月ステンレスタンクで熟成し、デキャンタージュしてスラボニア産オークの大樽で26ヶ月熟成。

★ジェームズ・サックリン93点 JamesSuckling.com 2018年9月24日 (飲み頃:2020年~)
香りに関してはドラマティックなワインとは言えないが、フレッシュでフローラルなアロマが香り、2014年の他のバローロのワインには殆ど見られない静謐で威風堂々たる面持ちを湛えている。素晴らしく凝縮感のある極めて密度の高い味わいで、タンニンの力強さは、この年のバローロの中でも群を抜いている。後味には素晴らしいフィネスが感じられ、どこまでも続く長い余韻が広がる。2020年以降が飲み頃。

★パーカーポイント92点 RobertParker.com #237 2018年6月30日 (飲み頃:2020~2035年)
ポデーリ・アルド・コンテルノの2014年バローロ・ブッシアは、実に「透明感」のあるワインだが、それはワインの外観や軽やかな色の濃淡を形容する言葉ではない。このバローロは、そのエレガンスと儚さにおいて「透明感」のあるワインである。ワインの持つシルキーできめ細やかなテクスチャーが、ドライ・ブルーベリー、カシス、メントール、ハーブ、ドライ・ジンジャーのアロマをしなやかに弾ませる跳躍台のような役割を果たしている。これらのアロマは美しく幽玄で束の間の儚さを呈している。このバローロは、26ヶ月の樽熟成を経て、瓶詰前の仕上げにステンレスタンクで安定させている。2014ヴィンテージは、このバローロであれば最大6ヶ月までマセラシオンの時間を長くとっている。長く果皮浸漬させることで、ヴィンテージ特有の脆弱な性質を補っている。果実味が豊かに溢れるフレッシュでよく開いた味わいが酒齢の若いうちから楽しめる。

ドメーヌ・メオ・カミュゼ クロ・ド・ヴージョ [2016]750mlニュースリスト

正規メーカー保証3年 正規品 Grand Seiko グランドセイコー STGF334 クォーツモデル 腕時計